1、キャンピングカーってどのような人が利用しているの? どこへ行くの?

キャンプをする車ですので、御家族でキャンプ場へ行きキャンプをするものと思われがちですが、それだけではなく、近年ではご夫婦二人で気ままに秘湯めぐりをされたり、ペットと一緒に日本全国を旅行をするのが人気です。
また、目的重視型のキャンパーでサーフィン、ジェットスキーなどのマリンスポーツをされている方の休憩場所として、また釣りやカメラを趣味にされている方の宿泊場所とした使い方も人気です。
停泊する所は、設備が整ったキャンプ場を利用する方が多いですが、近年では高速道路のサービスエリアや道の駅などを利用した P(パーキング)キャンプと呼ばれる使い方も人気です。

2、キャンピングカーにはどんなタイプ(種類)があるの?

大きく分けて、自走式と牽引式の二種類があります。自走式とは、エンジン付きの車で普通乗用車と同じに様にその車を運転する事で移動することが出来ます。牽引式とは、乗用車やSUVなどの車に専用の牽引設備(ヒッチメンバー&ボール)を取り付けた車で引っ張ることで移動できる車です。
自走式の車は、貨客室空間の広いバン(貨物)やコミューターを利用し室内だけを改造したタイプのものやマイクロバス、中型バスなどを利用したタイプ。トラックなどのシャシー(車台)にキャビン(客室)を架装した車や、専用のシャシー(車台)に運転席を含むすべてのボディーを架装したものがあります。
牽引式のものは、専用のトレーラーシャシー(車台)にキャンピング専用のボディを積んだタイプのものがあります。

  詳しくは、こちらへ
  

3、キャンピングカーはどこで作っているの?

日本全国に、キャンピングカーの製造(改造)を専門とした会社は、100社近く存在します。これらの会社が製造した車は独自のルートで販売したり自動車メーカーのOEM商品として出荷されています。
また、海外で製造されるキャンピングカーを日本で輸入して販売する輸入元会社も多数あります。

4、どのような車をベースにしているの?

以前は低価格な1t〜2tトラックにボディを架装したり、価格の安い貨客室空間の広いバン(貨物車)を利用するのが一般的でした。優れた性能のワゴン車を利用しても架装のため取り外す部品が多く無駄なこと、またそれらの車をベースにすると架装後の金額が高価になってしまうことなどが低価格の商用車(バン・トラック)をベースにする理由です。
ですが、これらの商用車は、乗用車に比べてエンジン性能(馬力)が低かったり装備が乏しかったり、また乗り心地が悪かったりなどで快適性、機能性に対して劣る面があります。そこで数年前より貨物車にワゴン車並の装備を備えた車がキャンピングカーの為に特装車として発売されたり、また完全にキャンピングカーのベース車として設計された車などが発売され、それらの車をベースにするのが一般的になってきました。
また特に最近では、商用車にも安全性が求められてきており、環境面で要望の多いガソリン車をベースとした商用車をベースとする例も多くなってきました。
具体的な車種は、バンベースでハイエース、キャラバン、キャブコン用ベースでダイナ(カムロード)エルフ、キャンター、バスコン用ベースでコースター、シビリアンなどが多く使われています。

5、車検は必要なの?何年?

キャンピングカーと言えど街中を走る自動車です。当然車検が必要になります。キャンピングカーの車検は2年ごとになります。ただし、新車時から2年ですので、最初の一回目の車検だけが乗用車と異なります。(乗用車の一回目の車検は3年)
キャンピングトレーラ(トラベルトレーラ)も車という扱いですので当然車検は必要になります。こちらも新車時から2年ごととなります。トレーラーの場合は、牽引する側(トレーラを引っ張る頭側:牽引車)と、牽引される側(後ろのトレーラ自体:被牽引車)で2台の車がひとつになりますが、それぞれ別々の車という扱いですので、ナンバープレートも違いますし、また車検証も2枚(2台分)ある事になります。

6、普通免許で運転できるの?

車体全長12M以内で、乗車定員10人までのキャンピングカーは普通免許で運転できます。街中を走る大型バスが9M〜12Mですので、ほとんどのキャンピングカーが普通免許で運転することが可能になります。トレーラーの場合は、牽引される車(トレーラ)の重量が750kg以下の車であれば牽引免許は必要ありません。
750kg以上車両重量がある車を牽引する場合は、牽引免許が必要になります。ちなみに普通免許で運転できる車で引っ張る場合は普通牽引免許ということになり、普通免許を持っている人が牽引免許を取得すれば引くことが可能になります。(大型免許は必要ありません)

7、自動車税や任意保険はどれくらいなの?

キャンピングカーの自動車税は地方税扱いになり、全国都道府県により異なります。
任意保険は、乗用車とほぼ同じくらいか少し高めです。
詳しくはこちらをご覧ください。(全国都道府県税・任意保険へリンク)

  詳しくは、こちらへ

8、高速道路の料金は?

キャンピングカー(自走式)の高速料金は、普通料金と同じ扱いになります。
トレーラの場合は、トレーラを引く車(牽引車)のランク+(1×トレーラの軸数)ランクアップすることになります。普通車クラス(キャンピングカー含む)で引く場合、トレーラ(被牽引車)が1軸の場合、1ランクアップの中型車料金、トレーラ(被牽引車)が2軸の場合、2ランクアップの大型料金になります。

9、車内の電気設備はどこから電源を取っているの?

車によって異なりますが、ほとんどのキャンピングカーは、エンジン始動や保安部品などを使用するためのバッテリーとは別にキャンピングカー設備専用でバッテリーを積んでいます。この様な車の場合は、走行時にメインバッテリー(エンジン始動・保安部品用)を充電するのと同じ方法で、キャンピングカー用のバッテリーにも充電させて使用することがあります。また、これだけでは充電不足が考えられる場合は、外部から家庭用電源(100v)をとって充電させたり発電機を搭載している例もあります。